MENU

 神待ちをするって事、これはキャンパスの親友から聞いた話でした。
大学生になったら一人暮らしをしたいって気持ちがあったんだけど、親に断固反対されて自宅から通っています。
何で一人暮らしをしたいと思っていたのか?と言えば、キャンパスまではそれなりに距離があるからと言う事と、口うるさい親の元から離れたいという気持ちがありました。
なにかと私に干渉してきては、喧嘩に発展してしまうってパターンはずっと前からあったんです。
こういうのも嫌で、特に大学生はもう大人なんだからほっといて欲しいなって気持ちがありました。
些細な事であれこれと言われてしまう身にもなって欲しい、何時だってこう思っているんです。
親のいない生活を手に入れたい、そんな気持ちもあるからアルバイトも一生懸命やって、一人暮らしに向けて動き出してはいるんですけれど、やっぱりお金は簡単には貯めることができません。
だから渋々、自宅からの通学を余儀なくされているんです。
他の友達たちみたいに一人暮らしでのんびりしてみたい、何時だってそういう気持ちを持っているんです。
親と喧嘩をして家を飛び出してしまうような事だってあるんです。
そんな時は友達の家に行ったりとかもするけれど、何時までも甘えることなんかできませんから、ふらふらっと街中をブラついたりしていますが、結局は所持金だって底をついてしまいますから、いやいや自宅に引き返すなんてパターンでした。
このときキャンパスの親友から、とっても面白い話を聞かされたんです。
彼女の自宅からキャンパスに通っているんですけれど、家出中はどうやっているのかなと思って思わず聞いてしまったんです。
そうしたら知らない男の人の家に泊めてもらって、食事なんかも食べさせてもらっているなんて話してきました。
そんな人どうやってみつけるんだろう?って感じでした。
話を詳しく聞いてみると、神待ちと言うのがあって、助けてくれる人を探すことができると言うのです。

そんな便利な事ができるんだったら、私も家出した時に神待ちをやってみようかなと思ってしまったのです。

 

 インターネットの中には家出をしている女の子を助けてくれる男の人がいるらしいのです。
食事を食べさせてくれたり、宿泊先を提供してくれるような人を探すためにも、神待ちはとっても便利な存在だなって思ってしまいました。
親と喧嘩したが、助けてくれる男の人探しを自分もやる事にしたのです。

 

 

名前:はるか
性別:女性
年齢:19歳
プロフィール:
 口うるさい親とよく喧嘩をしてしまって、家を飛び出すことがあります。
もう大学生なんだから、ほっといて欲しいなって何時だって思ってしまうんです。
自宅を飛び出しても行くあてもありませんから、最終的には家に帰るなんてパターンなんだけど、キャンパスの親友が知らない人の家に宿泊させてもらうことができるなんて話してきました。