MENU

 私の親は私の事なんか全くわかってないって気がしていました。
自分勝手に怒りまくったりもするし、だからいつだって衝突をしていたんです。
小学校の時もそうだったけど、中学ぐらいになるとそれがエスカレートしたような感じがあるって気がします。
今なにがんじがらめじゃ窒息してしまうって何時だって考えていました。
だから中学生ぐらいの時から、プチ家出みたいな事はしていたんです。
とても1日か2日でしたけれど、友達の家に行ったりもしていました。
高校生になってアルバイトを始めましたから、家出をした時などは、インターネットカフェなんかに寝泊まりもすることもありましたけれど、お金なんかたいしてないからやっぱり引き返してしまうって感じだったんです。
高校生くらいの時から、大学に通うようになったら一人暮らしをしたいって思うようになっていました。
親元から離れて、自由に生活をしたいという気持ちをずっと持っていたのでした。
これ以上一緒に生活したら頭がおかしくなってしまう、本気でそんなこと考えてしまっていたんです。
女子大生になったら、大人なんだから干渉した欲しくないし、1人でのんびり生活をしたい、それができたらどんなに素晴らしいだろうって想像ばっかり繰り返していました。
進学の話になって一人暮らしをしたいと言う事を言ったら、やっぱり反対されてしまったんです。
キャンパスまで結構距離があるから、許してくれるかなって思っていたんだけど、頭が固い親はそれを拒否してきました。
だから自分でアルバイト代でも貯めて、一人暮らしをしようかなという気持ちにもなっていたのですが、結局家出をした時に使ってしまったりもするので、思うように貯蓄を増やすことができないのです。
しかたがなく、自宅からキャンパスに通うことになったのでした。