MENU

 家出をしてしまった場合、行くところがなくて本当に困ってしまうパターンでした。
たまに友達に助けてもらったりもしたけれど、長い間お世話になることもできません。
所持金をたくさん持っているわけでもなく、だからインターネットカフェだってあんまり利用することができなかったりして、結局のところ家出をしても早い所帰宅って感じだったのでした。
だけど助けてくれる男の人を見つけられるんだったら、たっぷりと家出をすることができるじゃないかって思ったんです。
口うるさい親と一緒にいるのも辛いし、自宅を飛び出してしまう事はよくあることだし、そんな人を見つけられたら最高だなって思ってしまったのです。
キャンパスの友達のユリは神待ちというのをやって、助けてくれる人を探しているらしいのですから、その方法を教えてもらおうかなって気持ちになっていました。
「そういう男の人ってどうやって探しているの?」
「ネットが一番簡単でしょう!ネットの中には神様がたくさんいるからね。
助けてくれって言ったら、メールくれるだよ」
やはりネットを利用して相手を探しているらしかったのです。
知らない人にいきなり助けてくれなんて街中で言うことは無理ですからね。
インターネットだったら気軽に発信することができるし、確かに良い方法なのは間違いがないでしょう。
「それでネットのなにを使っているわけ?」
「私は出会い系サイトを使ってるんだ」
出会い系サイトを利用する、かなり大胆な方法だなって思ってしまったのです。
その理由として、出会い系サイトは危ない場所だと思っていたからでした。

「出会い系サイトもいろいろあるけど、安心して使うことができる優良出会い系サイトなら問題ないんだよ。
利用している男の人の質も高いし、それにサイトも健全をしているから安心して出会いを見つけられるんだよね」
それだったら私も家を飛び出した時、出会い系サイトを利用してみようかなと思いました。