MENU

 自宅を飛び出してしまい、早速友達ユリから教えてもらった出会い系サイト利用して、神待ちをしてみることになりました。
PCMAX、ハッピーメール、Jメールは優良出会い系サイトと言われて、安全な利用が可能だから男の人もたくさん登録していたのでした。
やっぱり人の数が多ければ出会いのチャンスは間違いなくあります。
家出をして困ってしまっている状態で、食べるものと寝るところを何とか助けて欲しいと言う事を伝えてみて、メッセージを受け取ることに成功したのでした。
私にメールを送ってくれたのは、20歳の大学生でした。
同じ大学生という事で、多少安心感を持つことができたのです。
「今どの辺にいるの?」
「◯◯駅近くの商店街でふらふらしているんです」
「そこだったらバスで20分ぐらいだから、迎えにいこうか?」
「本当にいいんですか?」
「困ってるんでしょ。
食事もベッドも何とかするから」
そう言って彼が迎えに来てくれることになったのでした。
本当に神様っているんだなって感じで、やってくるのが待ち遠しいくらいだったのです。
もちろん怖いという気持ちだってありましたけれど、家出をしていくわけがありませんから、頼る以外に方法がないのです。
30分程度で神様が目の前に現れたのですが、驚いてしまったんです。

とっても可愛い顔したイケメン君、スレンダーで長身だし格好いいんです。
本当にこの人は神様なの?って感じでした。
魅力的な笑顔で挨拶をされて、「僕の家に行こうか」って言ってくれ、素直に頷いてしまったのでした。
こんなステキな神様が目の前に現れる、想像もしなかったためにテンションが上がっちゃっていました。
この人にだったら抱かれてもいいかもしれない、すごく自然にそんな気持ちになっていたのです。
何だか家出をして得をしてしまったのは、そんなこと考えてしまいました。